2010年08月24日

向日葵の咲かない夏がミリオンセラーになったそうです

今年は暑くて本がよめませんでした。

「向日葵の咲かない夏」は、主人公の小学生が自殺した
同級生の謎を追うミステリー。
わたしも一度読みたいと思っていましたが、
こう話題になると図書館で予約が一杯になりそうな予感・・・。
たしか、本の専門誌「ダ・ヴィンチ」に載っていて、
面白そうだなーって思った記憶があります。

アイドル探求してみて。

さて、先述の道尾さん。
『背の眼』と『光媒の花』は読んだことがあります。
この2つをとってみてもぜんぜん作風が違うので、
才能ある作家さんなのだな、と思いました。

19日発表されたオリコン本ランキング(23日付)によると、
道尾秀介さんのミステリー作品「向日葵の咲かない夏」の
文庫版(新潮社)が、発売から2年で売り上げ100万部を
突破したそうです。

もっともタレント☆テレビチェックでした。

今年に入ってからは、外山滋比古さん「思考の整理学」(講談社)、
東野圭吾さん「赤い指」(講談社)、湊かなえさん
「告白」(双葉社)に続く4作目となるとのこと。

<向日葵の咲かない夏>発売2年でミリオン達成 文庫版で今年4作目 オリコン本ランキング
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100819-00000000-mantan-ent

参考だが、暇人のネタブログ

ちなみに文庫部門1位は、東野圭吾さんの「夜明けの街で」
(角川グループパブリッシング)で、3週連続首位ですって。
こんな本ありましたっけ?
東野さんの本はけっこう読んでいますが、なにせ赤川次郎さん
並みに出版するスパンが短くてたくさん出しているので、
けっこう見落としがあるみたいです。

秋になったらまた読みます。
posted by hiroshi at 23:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。