2010年08月06日

100歳以上のお年寄りが結構適当に生存確認されてたんですね

高齢者はどうしてこうも行方不明になるのですか!?

たまに、老人無駄に長生きしすぎ、と言う人もいますが、
少なくとも戦争の生き証人である老人は大切にされるべきだと
わたしは思います。
だってそういう時代があって今の平和な日本があるわけで、
そこを生き抜いてきた人たちは粗末にしちゃ
いけないのではないでしょうか。
何が言いたいのかよくわからなくなりました、ごめんなさい。

お年寄りは大塚愛画像だって見ます!

6人の所在確認できず=訪問調査実施へ―東京都足立区
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100804-00000140-jij-soci

訳ありだったり身寄りがなかったりする人もいるのでしょうが、
それにしても行方が分からない100歳以上のお年寄り、
どこでどうしているのでしょう。
もう天国(or地獄)にいるのでしょうか。
この方たちが亡くなっていたら、日本の平均寿命が
少し縮んだりして。

今年度中に100歳以上となる181人のうち、
介護保険サービスを利用していない25人について
担当の民生委員に電話で問い合わせたところ、
少なくとも6人の所在が確認できなかったとしており、
区は5日から区職員による訪問調査を行い、確認を急ぐとか。

行方不明の人が見つかったら外国為替証拠金取引(FX)ニュースでは気がついたら連絡してください。

他の記事になりますが、FNNの調べによると、
100歳以上の所在不明者は4日午後5時現在、
全国で32人となっていているんですって!
100歳以上の老人を野放しとか・・親族はどういう神経を
しているのでしょうか。

参考★FX大好き少年

東京都足立区の民家で、生存していれば男性で都内最高齢の
111歳とされた加藤宗現さんとみられる遺体が
見つかった事件を受け、区は4日、100歳以上の高齢者の
現況把握調査結果を発表したそうです。

家族がいなくてもいいんですか!!
posted by hiroshi at 23:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。