2009年10月23日

こういう時代だからこその事件なのでしょうか


先のことが考えれる人ならどうしてお金を貯めておかなかったのでしょうか。

参考:ユーザー車検

病気の長女を刺したとして、警視庁竹の塚署は21日、
殺人未遂容疑で東京都足立区西伊興の無職、
田中美代子容疑者(77)を逮捕したそうです。
長女は搬送先の病院で死亡が確認されたとのこと。
田中容疑者は「娘は数年前から白血病で、
自分も4月にがんになった。将来を悲観してやった」
と容疑を認めているようです。

田中容疑者は広美さんと2人暮らし、2人の治療費は
月計25〜30万円が必要で、貯金を切り崩して
生活していたとか。
同日午前7時15分ごろ、田中容疑者の兄から
「妹が『子供を殺した。私も死ぬ』と言っている」と
110番通報があり、駆けつけた署員が室内で
仰向けに倒れていた広美さんを発見、田中容疑者は
広美さんのそばにいたとのこと。

あと趣味でマルコを買い捲っていたとか。

77歳母、白血病の長女刺す 「自分もがん」将来悲観
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091021-00000572-san-soci

不謹慎なようですが、この母親も一緒に娘さんと
旅立てればよかったのに、と思われてなりません。
今後、増税などでますます将来を悲嘆し、
自殺や心中などをする人が増えなければいいのですが・・・。

この人たちには必ずロールケージが必要でしょうね。

もっと、娘さんを早くお嫁に行かせればいいのにね。


posted by hiroshi at 13:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。