2010年06月22日

サッカー日本代表、案外他国で評価高い

評価がよくても負けは負けなのです。

それによるとオランダの合計点が57点だったのに対し、
日本は63点だったようです。

確かに結果は負けてしまいましたが、
正直もっと苦戦して点も取られると思っていたので、
0−1での敗戦は私にしては上々の結果だと思いました。
まだ予選通過の可能性が残されていますから、
日本選手には集中力を途切れさせることなく持ち味の運動量を駆使し、
なんとか勝ってもらいたいです。

通販焼肉鉄板本舗で肉を買って試合を見ます。


日本、敗れるもオランダより高評価 仏『レキップ』紙の日本評
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100621-00000007-spnavi-socc
この採点で日本チームで最高点をとったのは、
センターバックの田中マルクス闘莉王で7点を獲得しています。

採点は10点満点で『レキップ』紙の基準では、
試合中にハットトリックでも決めない限り7点以上の点は
付かない事でしられている為異例中の異例と言えます。

ワールドカップにはマイ話題が盛り上がっています。

19日に行われたオランダ対日本の試合の試合採点で、
20日にフランス『レキップ』紙が掲載したところによると、
破れた日本代表選手の採点合計が、勝ったオランダ代表選手の合計点を
上回るという珍しい現象が見られたそうです。

この試合で唯一得点を決めたウェスレイ・スナイデル選手が
同じ7点をとっていることから、
その水準の高さがうかがい知れます。

同紙は闘莉王を「空中戦においてこの上なく堂々としていた」と
ほめたたえ、日本チームのディフェンスラインを高く評価しているそうです。

参考:ランニングコストが高い電子タバコを除外した販売店


そういえば、まだ試合がのこっていましたね。
posted by hiroshi at 14:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

旭川動物園で循環型の農業に高校生がチャレンジ

おもしろい試みですね。


そういえば旭山動物園、一度も行ったことがないんですよね。
シロクマやカピバラなどたくさんの動物がいてすごく楽しいんですって。
友達がゴールデンウィークに行ったらしく・・・わたしも行きたい!!

とんこのQuestionでは農業ポイントをしりたがっていました。


<旭山動物園>高校生が循環型農業 園内の堆肥で野菜作り
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100530-00000051-mai-soci

北海道旭川市の旭山動物園内で、地元高校生が
動物の堆肥を使って農作物を栽培し、園内の動物などに
食べてもらう循環型農業を始めたそうです。
市と北海道コカ・コーラボトリング(本社・札幌市)による
環境教育プログラムで、来園者に食と環境問題の大切さを訴えるとか。

最近のお子さんはゲームなどでインドア派が増えていると聞きますが、
やはりたくさん太陽を浴びて遊んだりこういった情緒が
育つプログラムに参加したりする方が教育上
いいのではないかと思います。

プログラムの名称は「つながる輪『いのち』」、
園内の「やすらぎの森」横に約40平方メートルの
農園を開設し、旭川実業高の「旭山サークル」の生徒が、
ジャガイモやスイートコーン、イチゴなど
10種類程度の作物の有機栽培に取り組むとか。
すばらしい取り組みですね。

植物の成長は毎日のネタチェックで教えてくださいね。


うちもささやかではありますが、有機栽培をやっております。
夫はキュウリ・ナス・ピーマン・インゲン・トマトを、
わたしはイチゴ・ブルーベリーを育成中。
あとはまたベビーリーフを育てようと思っています、
けっこうサラダにするのに便利なので。

循環って大事です。がんばってください。

posted by hiroshi at 15:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

わいせつ致傷事件で裁判員裁判がありました

再犯の可能性が高いならずっと刑務所にいればいい。

こういう一般人の道徳観念から刑を重くできる点は、
裁判員裁判の良いところだとかんじましたし、
この制度を取り入れた甲斐があったと思います。

法に詳しくなくても被害者の気持ちを考える事はできるので、
このような画期的な判決が全国的にも広がってくれるといいのに、
と感じました。

昨年10月1日の夜、さいたま市南区の路上で、
自転車に乗っていた女性にわいせつな行為をした上に、
軽傷を負わせたとして強制わいせつ致傷の罪に問われている
埼玉県朝霞市の食品加工会社従業員の高橋大輔被告に、
さいたま地裁で判決が下りました。

最近話題の○○をチェック


今回のこの事件で被害に遭った女性は
“できる限り長い間刑務所にいてもらいたい”と
話している事も考え、さらにこの事件の被告は常習性があり
再犯の可能性が非常に高いところから求刑以上の刑になったと思われます。

検察の求刑よりも上回る判決というのは、
私の知る範囲ではいままでありませんでした。

ちょっとびっくりな話題



求刑上回る初の判決=わいせつ致傷事件の裁判員裁判―「再犯可能性高い」・さいたま
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100519-00000086-jij-soci

為替でドン!

検察側の求刑は懲役7年だったらしいのですが、
裁判員裁判で開かれたこの件は求刑をうわまわる“懲役8年”の
判決を下した事が分かりました。

しかし今回の事案については求刑の上を行く判決が出たので驚きました。
そんな事も可能にするなんてある意味面白いです。

もっと刑務所にいればいいのに。
posted by hiroshi at 13:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。